• eng jpn
ENGJPN
301 Moved Permanently

Moved Permanently

The document has moved here.

木下進二朗ブログ

ベイトフィネス


  • カテゴリー:トラウトブログ
  • 投稿者:木下進二朗
  • 日 付:2018.12.08


渓流シーズンはスピニングタックルで釣りをしています。

慣れたタックルを使う事で、より正確なキャストやテクニカルなアクションが出来るだけでなく、トラブルを減らす事にも繋がるからです。

 

 

9月以降渓流釣りは禁漁と成りますが、最近では冬季釣り場なるものが出来て、一部区間ではあるけれど一年中釣りを楽しむ事が出来ます。

今回はそんな冬季釣り場で、ベイトフィネスに挑戦してみました。

 

 

この日は土曜日で、他にも釣り人さんがいらっしゃったので皆さんに合わせて、釣り下る事としました。

ルアーはキレ良くタイトピッチでアクションするアスリート55SFHです。

流石に連日叩かれているだけあって、水深のある良さそうなポイントでは反応が有りませんでしたが、浅い瀬の続くランでロッドがギューンと絞り込まれました。

重量から中々良いサイズと予想出来ましたが、それを想定したオールソリッドのバスロッドを選択しています。

流れに逆らいながら暴れられてもネットリと纏わり付く様にいなしてくれるブランクは頼もしい限りです。

 

 

浅瀬で休ませてから流れに戻って行くのを見送りました。

昔、散々ベイトタックルを使っていたけれど大分腕が錆びた様でキャストやロッドアクションは練習が必要と感じました。

未だ大人気の渓流ベイトフィネスですが、その奥深さに少しだけ降れる良い機会と成りました。

 

 

 

【タックル】

ロッド:BLASTBEATS 61-AS

リール:BFS HG

ライン:PE 0.4号 リーダー:ナイロン 8lb.

ルアー:アスリート55SFH フローシャッド ゼロ 港のジェームズ 他

 



580