LURE

ミジンコ-MIJINKO-

家邊克己氏 推奨の使用方法

ミジンコは通常のプラグとは違ってアジを釣る為に作ったプラグです、ですから普通のプラグの様に巻くのではなくフォールさせて欲しいのです。

釣り方ですが、最初は投げて着水したらラインのたるみを取って小さく2回ほどチョンチョンと竿先を動かしてもらいそのまま沈めます最初はラインが少したるんだ状態で沈んでいきすぐにラインが張られその状態でアタリを待ちます。

この状態をイメージするとラインが緩んでいる時は早く沈みラインが張った瞬間に沈むスピードがゆっくりになります。

アジはそのスピードの変化でミジンコを見つけ食ってきます。

そして3〜5秒(カウント)くらい待ってアタリがなければ又2回ほど動かして同じことを繰り返して深く探っていきます。

浅いポイントの場合は一回毎に少し待つのではなくロッドで少し引っ張る様にしてやりゆっくり沈む時間(アタリを待つ時間)を長く取ると効果的です。

アタリがあったら少しロッドを引く様にアワセてももらうと丁度いいと思います、そしてアタリがあったのが何回目の沈ませかを覚えておき次回はその深さから始める様にすると効果的です。

この様なフリーフォールとテンションフォールを組合せたカーブフォールで釣るのがミジンコの一番の使い方なのでご参考にして下さい。

なお、メバルもアタッて来るのですがアシストフックだけだとアジと食い方が違うのでフッキングしないのでメバルを釣る場合はトレプルフックを後ろのアイに付けて頂き投げて通常のプラグの様に巻いてもらえれば釣れると思います。

————————————————————————————————————————————

メバルなどを釣るプラグはリトリーブで釣れますが、アジの場合マズメなど以外はフォールに反応してきます。

ミジンコは、特にフォールスピードに拘り、アジの好むスピードを幾度もテストして見い出し、2サイズどちらも同じフォールスピードに調整してあります。

釣り方は、朝夕のマズメ以外はトゥイッチを2、3回してからラインを張って待つ、アタらなければ同じことを繰り返して手前まで来たら投げ返し、深さを変えてアジのいる層を探って行きます。ただこれだけ。

潮が流れていけば潮に乗せ、流して時々トゥイッチをチョンチョンといれ、そのままラインを緩めずに送って流していけばアジが勝手に食ってきます。

釣り方は非常に簡単。専用タックルも不要でアジングタックルそのままで、ジグヘッドからプラグに変えるだけで、どなたでもプラッキングを楽しむことができます。

 

Size Weight Type Range Hook Quantity Price
22mm 1.8g、2.5g Sinking オリジナルアシストフック ¥1000

**Not Include Tax

 


CRB レインボー 

GDR アカキン 

GLP グローピンク 

GRH グリーンヘッド 

KML ケイムラメ 

LMN レモングロー 

MJK ミジンコ 

OKG オキアミグロー