ROD

SPEC / 製品スペック ↓

2016年早春にジャクソンから満を持してリリースされた、業界初のサゴシ専用ルアー「ピンテールサゴシチューン」を皮切りに、サゴシをターゲットとしたアイテムは注目を集めており、手軽にルアーで狙うことのできるターゲットとして、ルアーフィッシングにおいてサゴシのプレゼンスは上昇を続けている。
サゴシフィッシングのパイオニアでもあるジャクソンがプロデュースするサゴシシリーズ第二弾が「オーシャンゲート・サゴシ908MML」である。
比較的足場のよい防波堤やサーフから手軽に狙うことができるサゴシは、ビギナーにとってもこの上ない絶好のターゲットとして、ソルトウォーターフィッシングの新たな登竜門として楽しまれている。
しかし、オーシャンゲートシリーズでサゴシ機種を開発するにあたり、「サゴシ釣りは、シーバスロッドやショアジグロッドで代用ができるのに、あえて専用ロッドが必要だろうか?」という意見があったのも事実。
それでも敢えて開発に着手したのは、サゴシという魚の捕食特性を理解した上で、ビギナーにこそサゴシに適した専用ロッドを使ってほしいという思いがあったからである。サゴシの捕食方法はシーバスや青物と違い、エサを吸い込む捕食ではなく、噛みつくような方法。
さらに、鋭い歯でベイトフィッシュに傷を負わせ、弱ったところを追い食いすることもある。
ルアーに対して体当たりするようなバイトを感じることが多いのはこのためだ。つまりサゴシは捕食が上手な魚ではない。
このような場合、張りのあるシーバスロッドやショアジグロッドでは激しいバイトを弾いてしまい、身の柔らかいサゴシの体にスレ掛りした場合には身切れして、せっかくの魚を逃してしまうことにも繋がる。
サゴシ釣りに適したロッドとは、広範囲を攻めるための飛距離を稼ぐため、30g前後のウェイトのあるルアーをフルキャストできる安心感のあるブランクスに、サゴシの激しいバイトを受け止め、フッキングに持ち込むことのできる、しなやかさを兼ね備えた「オーシャンゲート・サゴシ908MML」が最適なのである。

Fuji社製Kガイドフレーム採用。リングもアルコナイトを採用し PEラインの使用も安心の設計。

 

+

JOG-908MML-K SGS

¥13000

Length:9.8ft(295cm) Power:Medium Light+
Section:2 Self weight:189g
Lure weight:14-40g Closed length:152cm
Line:PE#1-1.5 Top DIA/BUTT DIA:1.6mm
Action:Regular Fast Material:ガラス繊維2% エポキシ樹脂

 

MODEL NO. Length Power Lure weight Line Action Self weight Price
JOG-908MML-K SGS 9.8ft(295cm) Medium Light+ 14-40g PE#1-1.5 Regular Fast 189g ¥13,000

**Not Include Tax